たけしブログ

雑記ブログです。自分が経験してきた事や、おすすめの本、映画を紹介していきます。特にこれといったテーマを決めずに行きたいと思います。

ダイエットについて

お疲れ様です。たけしです。

 

今日は、ダイエットについて書いていきたいと思います。

 

皆さんは、ダイエットしていますか? または、ダイエットしたことありますか?

 

私は現在進行形でダイエット中です。

 

小学校、中学校、高校と、自分で言うのもあれですが、スポーツに熱心に取り組んできました。平日はだいたい3時間近くスポーツをして、土日は少なくとも半日はやってましたね。

 

その影響で、常に体は仕上がってました!(笑)

 

ただ、これは親の遺伝でもあるんですが、私は体質的に太りやすいんですよね。

 

体を動かさないと太るタイプです。

 

体質って結構残酷ですよね。遺伝的なものだから、変えたくても変えられないし。他人の持ってる体質に憧れることもしばしばありますよね。

 

食べても太らないタイプ、筋肉質なタイプ。非常に羨ましいです!!

 

ただ、遺伝に文句を言っても仕方ない。血は変えられません。

 

産んでもらったことに対して親には感謝しかないので、体質に文句を言うのはやめましょう!!

 

本題に入ります!

 

 

今日は、大学受験を通じて激太りしてしまった私が、自分のペースで頑張った結果、10kg落ちた方法を紹介します!

 

10kgとは言っても、私の年齢やら体質やらといろいろな条件のもとでの数値なので、皆さんにも必ず当てはまるかと言われたら、必ずではない!ということを先に明記させていただきます!

 

俗に言う個人差があるってやつですね。ダイエットの記事を読んでくださる方には、当たり前かもしれません(笑)

 

まあ今回、私が行ったダイエットですが、大きく4つの特徴があります。

 

特徴

 

まずは、「頑張らない」ということ。

 

結局、ダイエットで一番重要なことって、これなんじゃないか、って思ってます。

 

頑張っちゃうと、その反動でリバウンドしたりもするし、なにより辛くなっちゃう。頑張るっていう意識がないからこそ、自然に続けられる、そう思います。

 

頑張らないからこそ、継続できる。気づいたら痩せてる。みたいな感じ。やっぱ何事も継続しないことには状況は変わらないし、継続することが大切ですからね。

 

次に、「少々の忍耐力は必要」ということ。

 

ダイエットって、自分の今までの生活習慣、食生活を変えるということですから、忍耐力は必要です。忍耐力を要することなく体重を減らしたいなら、現時点では、脂肪吸引ぐらいしかないでしょ。

 

さっきも述べましたけど、継続なしには無理ですからね。継続するには、忍耐力が必要です。

 

とはいっても、ライザップみたいにハードにやりません。食事もすごい制限するわけではないし、運動もしない。

 

もちろん、食事制限もして、運動もして、ってやったほうが効果が出るのは早いし、体重の減り方の傾きも急だとは思います。そりゃそうですよね。

 

でも、それをしたら、リバウンドくるでしょ。ストレスでしょ。継続するのがきついでしょ。頑張らないといけないでしょ。

 

頑張ろうと思ったら、継続するのが大変。

 

だから、私の方法では、そんなハードにはやりませんでした。

 

でも、ライザップとかに比べてやることの敷居は低い分、継続はしなきゃいけないから、忍耐力は必要だよ、ってこと。

 

まあライザップも忍耐力は必要ですけどね(笑)

 

次に、「簡単」ってこと。

 

簡単ってことは、ストレスがない。つまりは、継続しやすいってこと。

 

何回も繰り返しにはなってしまいますが、簡単じゃなきゃ継続できない。継続こそが最も重要なことですからね。

 

最後に、「安い」ってこと。

 

ダイエットするはいいけど、いろんなものを摂取するために、食費がかかって、なんてなったら大変ですよね。

 

でも、私が実践した方法は、費用は安いと思います。

 

以上の4つが、主な特徴ですかね!

 

何事も継続が重要、って言いましたが、それに加えてもう一つ思うこと。

 

それは、「シンプル」ってこと。

 

シンプルであれば継続もしやすいですからね。

 

では、具体的に何をしたか書いていきます!

 

方法

 

私が実践したことは、主に4つです。

 

・玄米食

・体重計に乗る

・夕食の制限

・水分量の調節

 

まず、玄米食について。

 

今までは、とにかく白米を食べてました。白米って恐ろしくおいしいですよね!

 

だいぶ前に、短期でアメリカに留学したときのことです。2週間しか日本を離れていなかったのですが、アメリカではとにかくパン食でした。

 

私も日本人ですから、お米が大好きです。白米を食べれないのはだいぶストレスでした。

 

お米を食べずに2週間が経ち、帰りの飛行機の機内食で、カツカレーが出ました。

 

感動しました。機内食なんて、そんなに豪勢でもないです。本当に、ただのカツカレー。熱々なわけでもない。

 

なのに、強烈に美味しかった。

 

それぐらい白米は美味しいです!

 

でも、白米はダイエットの敵です。私はそう認識しています。

 

でも、やっぱりお米を抜くのはきついと思います。お米を3食抜くのは、相当ハードルが高いと思います。

 

だから、私の方法では、お米は抜きませんでした。その代わり、玄米にする。

 

家ではもちろん玄米。外食した時とかに、五穀米とかあったらそっち。とにかく白米はなるべく避ける。

 

でも、完璧に徹底しなくていいと思いますよ。私も、常に玄米だったかと言われれば、たまに白米食べてましたし。

 

ただ、原則は玄米。これはやるべきだと思います!

 

補足になりますが、玄米を炊く際に、白米と同じ水分量で炊くと、若干カピカピ感が出るので、少し水を多めにして炊くといいです!

 

次に、体重計に乗ること。

 

できれば毎日乗ったほうがいいです。具体的にどれぐらいに乗ったほうがいいとかはないんですが、できれば1日1回乗ったほうがいいです。習慣化すると素晴らしいですね。

 

なぜ体重計に乗るのがいいのか。その理由は、大きく2つ。

 

まず、自分に状況を可視化する、ということ。

 

効果が出てるのかな?痩せたかな?って気になりますよね。

 

なんとなく痩せた気がする。とは思ってても、実際は痩せてないこともあります。

 

それとは逆に、意外と痩せてたりします。

 

事実を告げてくれるのは、体重計のみです!

 

自分の感覚とは別に、事実を体重計は示してくれるので、非常に簡潔です。

 

次に、自覚が出て、モチベーションになること。

 

体重が可視化されれば、現状を把握できます。この前結構食べ過ぎたから、とかいう自覚も芽生えますし、痩せてたら、「やった!このまま頑張ろう!」なんていうモチベーションにもなります。

 

以上のことから、体重計に乗るという行為は非常に重要です!

 

次に、夕食の制限について。

 

朝食、昼食、夕食で、もっとも体重に直結するのはどれか。

 

これは、夕食だと思います。

 

夕食を抜くのは辛いですし、お腹が空いてたら寝られない、という人もいると思います。私もそうです。お腹が空いてたら寝られないタイプです。

 

やっぱりう、夕食を好き放題食べてたら、落ちるもんも落ちないと思います。

 

かといって、夕食を徹底するのは非常にストレスです。

 

そこで、私が実践していたのは、米の量を制限する、ということです。

 

正直、野菜の摂取量を制限する必要はないですし、お肉は食べてもそこまで太る、ということは私の経験上ないと思います。

 

体重に直結するのは、お米。炭水化物だと思います。

 

そこで、夕食ではお米の量を制限するのがいいと思います。

 

私が実践していたのは、炊く時点で制限するということ。

 

たくさん炊けば、おかわりできてしまいます。

 

おかわりできる、という状況をなくしてしまえばいいんです。

 

つまり、炊く量を制限する。お茶碗1杯なら、その分だけ炊く。

 

これが非常に重要です!

 

ここで、玄米の特性とも合います!

 

玄米って、乾燥しやすいんですよね。だから、炊きたてじゃないと、カピカピになりやすい。玄米を炊き置き?しておくと、極端に味が落ちる。

 

だから、毎回食べる分だけ炊く!

 

これに尽きます!

 

最後に、水分量の調節について。

 

私自身、水分を大量摂取してしまうタイプなんですよね。体が必要としている量以上に摂取してしまう。自分でも、その自覚はありました。

 

ボディビルダーの方が、水分さえ抜けば、体重を1kgぐらい落とすのは簡単だ、っていってました。

 

その通りでした。1日実験で水分量を極端に減らしてみたら、体重は簡単に落ちました。

 

でも、そんな生活はもちろん長くは続きません(笑)

 

でも、水分量を少しでも減らすことで、体重は落ちると思います。

 

なので、水分は過度に摂取しないようにしたほうがいいと思います!

 

ただ、夏場だったりで摂取を控えるとかはやめましょうね!飽くまで、過度に摂取するのはやめましょう!

 

最後に

 

いかがでしたか。私の経験的なダイエット方法。

 

私はだいたい半年もしない感じで落ちました。個人差がありますけど。

 

運動については書いてないですが、たまには汗をかくのは大事だと思います!

 

それは可能であれば実践していただくのが良いかと!

 

とにかくダイエットは継続!継続あるのみです!

 

皆さんが、頑張らずにダイエットに励むことを祈っております!!